エクセル プルダウンメニュー 作成。 Excelドロップダウンリストの作成方法

Excelドロップダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の表示幅を広げる方法

リストの範囲に名前を定義すると、別のシートでリストを使用できます。 ドロップダウンリストとも呼ばれます。 まず、ワークシート(Sheet1)から別のシート(Sheet2)に移動し、ドロップダウンになる項目を任意のセルに設定します。 それは簡単です。 「データチェック」が別ウィンドウで表示されます。 [16]• まず、「ユニット(仕事の種類)」の最初のリスト。

Next

Excelでドロップダウンリスト(ドロップダウンメニュー)を作成する:Smart Space

) 「リスト」をクリックして、リストから「入力タイプ」を選択します。 特定の名前でドロップダウンリストを作成する 最後に、最も実用的であると思われる名前固有のドロップダウンを作成する方法を示します。 「設定」タブの入力値タイプから「リスト」を選択します。 今回の目標である担当者を動的にするために、ドロップダウンも動的に設定してみましょう。 (2)「入力値の種類」で「リスト」を選択します。 ドロップダウンをバインドするC2ドロップダウン設定に戻り、元の値ボックスに表示するリストの「名前」を入力します。 続行しますか?「、「はい」をクリックして、適切な都市のみを選択します。

Next

Excel関数using + INDIRECT

ドロップダウンメニューは、次のようなリストタイプのメニューです。 データ検証フィールドが表示されます。 新しい記事を検索• [1]• ドロップダウンの利点 単純なアイテムの場合、手動で入力またはコピーして貼り付けることができるのに、なぜドロップダウンを使用するのですか?その理由は、そのような利点があるからです。 まず、検証ルールを設定します。 2020. それで全部です。

Next

[Excel / Excel]ドロップダウンメニューを作成してリストから選択する方法

[OK]ボタンをクリックします。 ドロップダウンメニューを設定したいセルにカーソルを合わせ、「データ検証」の「初期値」にカーソルを合わせます。 「データ検証」を開きます 「データの検証」からドロップダウンメニューが開きます。 Excelの「名前」は、特定の範囲のセルを指定できる関数です。 セル参照で指定されたアイテムを含むリストを編集1セルにアイテムを追加 次に、佐藤さんのアイテムをドロップダウンに追加して、「Ouch」、「Yamada」、「Suzuki」という名前の担当者を選択できる例を見てみましょう。 [名前]フィールドにプリンターを入力します。 [6]• 関数INDIRECTLYを使用して2番目のリストを作成します セルの名前付き範囲を使用して2番目のドロップダウンを作成します。

Next

Excelでドロップダウンメニュー(ドロップダウンメニュー)を作成する

ホールドしましょう。 これを具体的に見てみましょう。 セル入力からドロップダウンリストを作成する 入力セルのコンテンツからドロップダウンメニューが表示されます。 フィールド上部のメニューから[設定]を選択し、[入力値のタイプ]をクリックします。 すべてのデータを選択し、[数式]タブの[選択から作成]をクリックします。 また、同じ回答でも「男性」、「男性」、「男性」、「男性」などの表現方法は異なりますが、同じリストでも表現方法が違うのか区別が難しいので集計するのは難しい。

Next

Excelでドロップダウンメニュー(ドロップダウンメニュー)を作成する

選択前にメッセージを表示 これを行うには、[データ検証]メニューで[入力メッセージ]に設定します。 [1]• たとえば、4月から9月までの日付を設定した場合、期間外の日付を入力するとエラーが表示されます。 あなたの仕事は今より速くて正確です 今後ともよろしくお願いいたします。 [OK]ボタンをクリックしてください。 手順2と手順3は、「1。 ドロップダウンメニューを作成するセルを選択します。

Next